I-AREAの施工例01

【建築設計】

コンセプトに合った土地を吟味して取得。一現場・一棟ごとに、その土地にあった設計およびお客様が満足できる設計を一級建築士とともにプランを納得できるまで何度も何度も打ち合わせて決定します。

プラン決定までに時間はかかってしまいますが、完成後に住まれるお客様をイメージし、快適な住生活を送れるよう何度も何度もお打合せを致します。

お客様が納得出来るまで何度もお打合せ

お客様が納得出来るまで何度もお打合せを重ねます

【地盤調査】

その後で地盤の地耐力ちたいりょくを測定します。地耐力ちたいりょくとは地盤が建物の荷重に耐えられる強さの事を言います。

代表的な測定方法はスウェーデン式サウンディング方法です。専用の機械で地中に25cm掘り、その際のハンドルの回転数で土の固さや締り具合を調べます。

地盤の地耐力を測定

地盤の地耐力ちたいりょくを測定します

【構造計算】

構造計算とは地震・風・雪など建物にかかる様々な力で建物がどのように変形し、応力おうりょくが発生するか、そしてその変形や応力おうりょくに耐え、安全に建っていられる様に柱やはり、耐力壁などの位置や寸法、鉄筋の量などを計算して決め、分かりやすく図面化する作業の事です。

代表的な測定方法はスウェーデン式サウンディング方法です。専用の機械で地中に25cm掘り、その際のハンドルの回転数で土の固さや締り具合を調べます。

構造計算…分かりやすく図面化

構造計算とは分かりやすく図面化することです

砕石地業さいせきちぎょう

建物の傾きや地盤沈下を防ぐために地耐力ちたいりょくを高めます。

表層地盤ひょうそうじばんと呼ばれる柔らかい土を掘削くっさくし、栗石ぐりいし、目潰し砂利、砕石などを 敷き詰めランマーと呼ばれる機械で衝撃を与えて地盤を締め固めます。

地耐力を高めるための砕石作業

砕石地業さいせきちぎょう地耐力ちたいりょくを高めるために行います

防湿ぼうしつフィルム】

湿気を防止する為、強度確保の為にフィルムを敷き、またドライアウト(乾燥)するのも防ぎます。

湿気の防止と乾燥を防ぐために防湿フィルムを張ります

湿気の防止と乾燥を防ぐために防湿ぼうしつフィルムを張ります

外周型枠がいしゅうかたわく

捨てコンクリートを打設した後、基礎底面を平らにし柱、壁あるいはサッシなどの中心線を決めて、工事中の基準線や基礎などの位置を決めるために施工します。

その後、外周型枠がいしゅうかたわくを組み立てます。

基準線や基礎の位置決定のために外周型枠を組み立てます

基準線や基礎の位置決定のために外周型枠がいしゅうかたわくを組み立てます

配筋はいきん工事】

配筋はいきん工事とはコンクリート打設だせつの中に鉄筋を配置することを言います。

基礎の骨組みのようなもので、構造計算で太さと間隔が決められていて、コンクリートのひび割れを防止したり強度を補強します。

ひび割れ防止や強度補強のためにコンクリート打設の中に鉄筋を配置します

ひび割れ防止や強度補強のためにコンクリート打設だせつの中に鉄筋を配置します

【コンクリート打ち込み】

練り混ぜたコンクリートを型枠内に流し込み締め固めることです。

これは建築物の荷重かじゅうを支え、地盤に伝える下部構造を作る基礎の工程で、この基礎が地盤に合っていないと、どんなに頑丈な家を造ったとしても家が崩壊してしまう可能性があります。

建築物の荷重を支えるため練り混ぜたコンクリートを型枠内に流し込みます

建築物の荷重かじゅうを支えるため練り混ぜたコンクリートを型枠内に流し込みます

【防水工事】

雨水にさらされる部分を防水処理することで、建物内部に水が染み込むのを防ぎます。

漏水ろうすいしてしまうと建物内部に損害をもたらせ建物の耐久性能を著しく低下させるため、基礎の段階でしっかりと工事を行います。

漏水を防ぐために防水工事を行います

漏水ろうすいを防ぐために防水工事を行います

【土台工事】

出来上がった基礎の上に土台を作る工程で、基礎と土台はアンカーボルトでしっかりと固定されています。

これにより分離・浮遊・移動・転倒などを防ぎ、この上に断熱材を間にはめ込み、剛床を敷く事によって水平の力に対して強くより強固な構造に仕上げていきます。

分離や浮遊を防ぐために土台をしっかり作ります

分離や浮遊を防ぐために土台をしっかり作ります

躯体くたい工事】

【土台工事】で基礎と土台を固定したアンカーボルトに1階部分の柱をドリフトピンと言う金物で固定します。

その後で立てた柱の上にはりを組み、2階、3階と同じ作業を繰り返します。

躯体工事とは建物の枠組みを作る工程です

躯体くたい工事とは建物の枠組みを作る工程です

上棟じょうとう工事】

木造の骨組みが組まれ、屋根の形が出来上がることを“上棟じょうとう”と言います。また、“建前たてまえ”や“棟上げむねあげ”などとも言われます。

屋根の下地、野地板を設置してから上棟じょうとう工事が行われます。

屋根の形が出来上がることを上棟と言います

屋根の形が出来上がることを“上棟じょうとう”と言います

筋交いすじかい

耐震性たいしんせいを高める為に、柱と柱の間や土台とはりの間に斜めに木材を入れて建物の構造を補強する部材の事を言います。

変形防止も担っています。

耐震性を高めるための工程です

耐震性たいしんせいを高めるための工程です

筋交いすじかい金物】

強度確保の為に取り付けます。

強度確保のための工程です

強度確保のための工程です

断熱材だんねつざい

電気配線、水道配管を終えると壁や天井に断熱材を敷き詰めます。

高密度で断熱効果に優れた物を物件ごとに選び最適な断熱材を使用し、一年中快適な室内の湿度を保ちます。

一年中快適な室内の湿度を保つために断熱材を敷きます

一年中快適な室内の湿度を保つために断熱材だんねつざいを敷きます

【ベランダの防水】

ベランダは雨や雪などにさらされる為、防水を特に念入りに行います。

雨水の浸透を防ぐために各建物に最適な防水加工を行います。

雨や雪などから守るために防水加工を念入りに行います

雨や雪などから守るために防水加工を念入りに行います

【外部工事】

屋根の工事を終え、外壁の下地として耐力面材を貼りサッシを取り付け、その後で防水シートを外壁全体に貼ります。

サイディングと言う外装材を取り付けたら塗装し、雨樋を取り付け足場を解体したら外部工事の終了です。

長く快適に住み続けていただくために外部工事をしっかり行います

長く快適に住み続けていただくために外部工事をしっかり行います

【内装工事】

壁、天井に石膏せっこうボードを貼り、ドア枠を貼り建具を吊っていきます。

石膏せっこうボードの上に壁紙を張るためにパテをかけて平らに仕上げ、防蟻ぼうぎ工事でシロアリを防ぎます。

#

シロアリなどの侵入を防ぐための壁、天井に内装工事を施します

【外構工事】

門やアプローチ、ガレージ、側溝そくこう・排水工事など建物以外の外回りの工事をしていきます。

建物に付随する機能を整えます

建物に付随する機能を整えます

【内部工事】

キッチンや洗面台、トイレなどを設置していきます。

住まいの機能面であるキッチンや洗面台を取り付けていきます

住まいの機能面であるキッチンや洗面台を取り付けていきます

【完成】

完成後、完了検査と竣工検査を終えたらいよいよ引渡しとなります。

建物の登記や火災保険など必要な手続きを行います。

窓のサッシやドアノブひとつひとつにこだわります

窓のサッシやドアノブひとつひとつにこだわります

扉の開閉はスムーズかどうかも細かくチェックしていきます

扉の開閉はスムーズかどうかも細かくチェックしていきます

階段の上り下りの負担はどうかも検証します

階段の上り下りの負担はどうかも検証します

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL