賃貸物件の管理をお任せしたい方

アパート・マンションを購入したり建てたりして、賃貸物件として入居者を集め、運営管理を行い収益を上げていく。

そんな「アパート・マンション経営」は、年金財政の破綻や退職金の減少など、いまの時代の社会背景から大勢の人たちが参画しています。

その中でも着実に「アパート・マンション経営」を行い、望む収益を上げられているオーナー様はわずかで赤字経営になってしまっているオーナー様も決して少なくありません。

では、望む収益を上げられてるオーナー様と赤字経営になっているオーナー様の違いはどこにあるのでしょうか?

所有物件の効果的な活用をご提案
所有物件の効果的な活用をご提案

その違いは大きく3つに分けられます。

ひとつは、建築から運営管理までを事前にしっかり情報収集、専門家の意見を参考に進められているか、あるいはご自身の感覚だけに頼って進めてしまっているか。

ひとつは、資金調達、建築、入居者募集、運営管理など、それぞれの分野に強い会社をしっかり見定めているか、あるいは、付き合いが古いからやどこに頼んだら良いのかわからないという理由で現在の不動産会社に丸投げしてしまっているか。

ひとつは、目まぐるしく変化する時代背景に合わせた内装設備やサービス、家賃設定を行っているか、あるいは古い慣習に流されたままでいるか。

・・・

「アパート・マンション経営」は単なる家賃収入を目的にした私設年金などではなく、事業活動のひとつの業態です。

そう考えた時にご自身の感覚、付き合い、そして古い慣習に流されるのではなく適切な経営手法が求められます。

例えばアパートの建築資金の調達から建築、入居者集め、運営管理までの工程においては様々な利害関係者とのお付き合いが発生します。

アパートの建築資金の融資を担当する銀行、実際の建築を担当する建築会社、完成したアパートに入居者を募る不動産仲介会社、入居者で埋まったアパートの管理を担当してくれる不動産管理会社など…

それぞれの役割を持った企業・人と上手にお付き合いしていかなくては、理想とするアパート・マンション経営は成り立ちません。

餅は餅屋という言葉がありますが、それぞれの強み、つまり得意分野を理解した上でアパート・マンション経営に関する業務を各事業会社に振り分けていくことが求められます。

例えば、入居者の募集…つまり借り手探しは集客力のある大手業者か地元に根差した事業活動を行っている地域密着型の地元に強い不動産会社に任せて、アパートが入居者で埋まったら今度は不動産管理に強い不動産管理会社に任せるといったやり方です。

しかし、その状況、場面でそれぞれを得意とする各事業会社へ振り分けていくのは容易なことではありません。

IEYAは賃貸部門だけではなく、売買部門では住宅の施工・販売、共同住宅の企画開発から実際の施工・販売も行っており、建物についても非常に強いのです。

設備の故障等に関する現状確認や修復工事の手配、建物の不具合に関する現状確認や修繕工事の手配等も経験豊富な当社スタッフが責任をもってご対応致します。また、「アパート・マンション経営」にはいろいろと住民トラブルも付き物です。そんな時、どのような苦情やトラブルが発生したとしても永年の実績と信頼があるIEYAの経験豊富なスタッフが責任をもって対応していきます。

そんなIEYAの賃貸物件総合サービスは入居者獲得から建物管理、建築資金の調達から建築まですべて承ります。

世田谷区・三軒茶屋地域での入居者獲得、不動産物件管理をご検討中のオーナー様にはIEYAの賃貸物件総合サービスをわかりやすく解説したパンフレットを無料進呈しておりますので、ぜひこちら▼からお取り寄せください。

IEYAの総合賃貸サービス・オーナー様向けのイラスト小冊子を取り寄せる

「アパート・マンション経営」を大変で手間のかかる事から、専門家に任せて楽な事に変えてけるようにまずはわかりやすい情報を手に入れるところから始めてみてください。

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status