I-AREAシリーズ

I-AREAシリーズ・施工例08(戸建住宅)

緑豊かで都内でも一位二位を争うほど人気の駒沢オリンピック公園から徒歩9分の立地に建築施工させていただいた新築分譲住宅です。

人気の路線・東急田園都市線「駒沢大学」駅からわずか徒歩3分の好立地に機能と品質にこだわったこちらの物件はあります。

この先の十年・二十年と愛着を持って

I-AREAシリーズのこちらの新築分譲住宅・kamiumaIVは明るく開放感のある吹抜けの天井があるリビングダイニングを2階部分に設計し、専用の固定階段で上がり下りが出来るロフトを完備しています。

また、独立した大きめのシステムキッチンには、パセリやクレソンなど香草類の栽培に適したサービスバルコニーもご用意しています。

街中でも独特の存在感と機能性

雨が降れば住宅についた汚れが洗い流される新技術の加工が施された建物は、わが家の外観を新築時のようにいつまでも美しく維持し続けます。
I-AREAシリーズ・施工例08(戸建住宅)

建物の外壁

ガーデニングが出来るように一部に土の部分を残した外構がいこうはポーチを庭園に変身させてくれます。

ポーチ・ホワイトを基調にした外構

単なる靴を脱ぐ場所にしない

外出する際、わたし達は玄関で靴を履きながら無意識で気持ちを整えています。

また、帰宅した時や訪問した先では靴を脱ぎながら、少し緩んだ気持ちになります。

うちから外へ、外からうち気持ちを切り替える場所は少し余裕を持たせた空間に設計してあります。
玄関・ドア/クローズ

玄関/オープン・外側から内側

玄関・タタキ

玄関・内側から外へ

光と風を取り込むリビングダイニング

年々狭くなる都市部の宅地面積、隣家との関係を考えた時、陽射しや風通し、そして視線の抜けは明らかに2階部分が有利になります。

こちらの住宅は屋根の形状に合わせて高い天井をつくることで、同じ床面積でも空間としての容積を大きく取る設計にしました。

また、高くした天井には窓をつくったことで、遮るものがなく十分な光を取り込むことが出来ます。

光を取り入れるためのガラスが入った壁面

1階から2階へ上がる階段

1階と2階部分の階段の窓からリビングダイニング

天高の天井に光を取り込む窓

2階のリビングダイニングに光を取り込む3つの窓

キッチンとロフトに上がる階段

ロフトから2階のリビングダイニングを見下ろしたところ

2階のリビングダイニングのシーリングファンライト

広さと収納スペースを備えた居室

1階部分には十分な広さと独立した収納スペースを備えた居室を設計しています。

「地に足が着いた」という言葉は、考え方や行動が堅実・着実という意味合いがあるように、元来わたし達は地べたに近いところで暮らすことを本能として望んでいます。

2階のリビングダイニングの隣の居室

ロフト

1階玄関側の居室

1階奥側の居室・窓側

1階奥側の居室・窓側

1階奥側の居室・窓側

1階奥側の居室・入り口側

1階奥側の居室・窓側

2階居室・奥の窓側

専用のサービスバルコニー付きキッチン

パセリやクレソンなどの香草類を栽培して料理に使ったり、お料理の時にでた生ゴミを一時的に保管しておく場所として最適なサービスバルコニーは日々の暮らしに重宝します。

キッチンスペースも約3.75帖と広々とした空間に窓も二箇所ありますので、十分な明るさも確保できます。

キッチン・全体

キッチンからサービスバルコニーへの扉

サービスバルコニーからキッチン

くつろぎと使い勝手のいいサニタリー

住宅設計で採光面など居室の配置すると、どうしてもトイレや洗面所、浴室などのサニタリーは後回しということになりがちです。

ストレス社会の現代では、ゆっくり疲れを取る浴室や一人になれる空間のトイレは以前にも増して生活の重要なスペースになっています。

そのため今回の設計では、居室と同等にサニタリーの設計を重視しました。

バスルーム

バスルーム・湯船

ボウルタイプの手洗い器を完備したトイレ

トイレは別名、お手洗いと呼ばれます。それなら、ちゃんとトイレ専用の手洗い器も取り付けて欲しいところですが、日本の住宅事情ではトイレの手洗い器を省き、洗面所で兼用して貰おうという住宅も少なくありません。

そんな中でも、この住宅は専用のボウルタイプの手洗い器を完備しています。

トイレ・ボウルタイプ手洗い器

完成内覧映像

-I-AREAシリーズ

© 2021 株式会社IEYA