I-AREAシリーズ

I-AREAシリーズ・施工例14(共同住宅)

東急世田谷線の松陰神社前駅は三軒茶屋駅から3駅の為、渋谷駅や二子玉川駅、下高井戸駅に出やすいため人気のエリアです。

今回ご紹介するのは、松陰神社前駅から歩いて徒歩6分ほどのところに新築された、I-AREA wakabayashi Ⅱ/共同住宅です。

治安が良く、駅を挟んで南北に広がる松陰神社通り商店街にはお洒落なカフェや雑貨店、ビストロ、スウィーツショップ、行列の出来るパン屋などもあり、多数の話題のお店が集まる人気の商店街です。

駅名にもあるように吉田松陰を祀っている松陰神社がありますが、特に桜の時期は思わず足を止めて眺めたくなるほどの壮観さです。

松陰神社のお隣には若林公園があり、ベンチもあって四季折々の草花を見ることが出来るのでお散歩にもちょうど良い場所です。

世田谷区役所へも徒歩で行くことが出来、世田谷の中心の街です。

住まわれる方の目線に立ちプランや設備等を熟考し完成したデザイナーズアパート

緑道沿いにあるロフト付きの住まい

I-AREA Wakabayashi IIでは他のI-AREAシリーズ同様、外観や設備にこだわって仕上げました。

空間を上手く活用して暮らす人たちの住み心地の良さを優先しています。

外観は優しいブラックを基調とした落ち着いた雰囲気に

帰宅中に自宅が見えてくるとそれまでに緊張感がどんどんほぐれていく様に外観は優しいブラックを基調として落ち着いた雰囲気に仕上げています。

I-AREAシリーズ・施工例14(共同住宅)

I-AREA wakabayashiⅡ

建物(右前)外観

(左)階段 / (右)1階玄関ドア・ポスト

(左)2階踊り場からの階段 / (右)2階玄関ドア

キッチン・パントリー

I-AREA Wakabayashi II でも二口ガスコンロを採用し、コンパクトながらもお料理のしやすいキッチンにしました。

またキッチンの近くにはパントリーも設置しているので無駄のない流れるような動線でのお料理が可能です。

キッチン

キッチン

パントリー

キッチン入口

ロフト・階段

I-AREA シリーズではロフトへは梯子ではなく階段を設置しています。

梯子だと使わない時には外して置いておけるという利点があるのですが、不安定性が懸念されることが多いので、階段を設置し、手すりをつけているので昇り降りの安定性があります。

また天井は吹き抜けにしてロフト近くには窓を設置することで解放感を持たせて、階段はクローゼットの横に設置することでデッドスペースを最小限にしています。

室内の階段

(左)ロフトへの階段 / (右)ロフト

ベッドルーム

ロフトへの階段

ロフト

(左)ベッドルームの入口・ロフトへの階段・クローゼット / (右)ベッドルーム

ベッドルーム

ベッドルーム

居室・クローゼット

どのお部屋も二方角に窓があるのでより明るさを感じていただけるように設計し、各階によって光の入り方が違うので、フローリングやドア、クローゼットの扉の色を変えました。

賃貸アパートでは収納に関するお悩みをよく耳しますので、クローゼットのサイズはたっぷり収納ができるように賃貸アパートではあまりない広さのものにしました。

ベッドルーム

ベッドルーム

ロフトから見たベッドルーム

ベッドルーム

広々とした1216サイズのバスルーム

I-AREAシリーズではお馴染みの1216サイズのバスルームですが実は賃貸アパートではなかなか見ることのない広々としたサイズです。

1日の疲れをゆっくりと洗い流せるように、余裕を持って日々を過ごせるようにそんな思いを込めて設計しました。

またパウダールームには独立洗面台を設置していますが、こちらもスペースに余裕を持った設計をしています。

バスルーム

(左)独立洗面台 / (右)バスルーム

独立洗面台

-I-AREAシリーズ